個室でのびのび食事を楽しむ|子供連れのときにも安心

レディー

様々な調理方法

料理

土用丑の日にはうなぎを食べるという人はたくさんいるでしょう。そもそも、なぜその時期に食べるようになったのでしょうか。諸説ありますが、幕末の頃に売り上げが伸び悩んでいたうなぎ屋のためにとある学者が考案したものだと言われています。「土用丑の日」と張り紙を出したところ、夏の疲れを吹き飛ばそうと縁起をかついで繁盛しました。あまり知られていませんが、土用丑の日というのは夏だけではなく、それぞれの季節にあります。うなぎの旬ではない夏に特に売りだしたかったために、夏の土用丑の日が一般的になりました。天然ものの旬は秋冬ですが、現在では養殖も盛んに行なわれているため年中美味しいうなぎが食べられるようになっています。浜松にも美味しいうなぎが楽しめるお店がたくさんあります。家でも食べることができますが、お店で食べるうなぎは格別です。また、浜松のお店では様々な種類の調理方法が楽しめます。王道は、タレで焼き上げた蒲焼きですが、他にも素焼きして素材そのものの味を楽しむ白焼きもあります。そのアレンジ方法も様々で、浜松のお店ごとに楽しめます。また、うな重や丼もの、内臓を味わうこともできます。家での料理では色んなバリエーションを作るのはなかなか大変だと思います。土用丑の日は毎年恒例になっているので、毎回同じものでは飽きてしまう人もいるでしょう。また、浜松では甘いお菓子にアレンジされたものを楽しむこともできます。パイにしたりゼリーにしたりと多種多様です。